うなぎ先生の英文法の復習

うなぎ先生の英文法の復習

TOEICや英検に!英文法やイデオムをおさらい^^

長文読解頻出!「I was and am」「you are and have been」の意味って?

f:id:unagisensei:20210528121603j:plain


 

 

テストの読解などでも出てくるのこの表現、

知っていないと、理解できない。

日本語ではこんな言い方はしないけど、

英語では非常によく使う表現です。

 

【異なる時間軸を表す】

 

この表現は、現在、過去、未来の時間軸のうち

2つ以上の時を表すときに使います。

 

例えば「過去のある時と現在」であれば「主語+過去形 and 現在形

現在と今までずっと」であれば「主語+現在形 and 現在完了形

現在と未来」であれば「主語+現在形 and 未来形

となります。

andの前にカンマを入れたり、and の後ろの句をカンマで囲ったり、

ダッシュで挿入したりする場合もあります。

 

【過去のある時点と現在】

 

過去にもそうだったし、今現在もそうである」と表したい時。

 

例文)

 

- My mother was and am a good parent.

(私の母は今も昔もいい親です)

 

- I was, and am, in a privileged position.

(私は過去も今も、恵まれた環境にいる)

 

 

【現在と今までずっと】

 

「過去形+現在形」とそこまで違いはありませんが、

こちらは「今現在と、今に至るまでの間ずっと」という意味を表します。

 

例文)

 

- I am and have been for more than a decade a member of this committee.

(私は今現在、またこれまで10年以上、この委員会の会員です)

 

- You are and have always been our most important client.

(あなたは今もこれまでもずっと弊社の最も大切な顧客です)

 

【現在と未来】

 

現在と、これから先も」と表現したい時。

 

例文)

 

- We are and will always be on your side.

(私たちは今もこれからもずっと、あなたの味方だよ)

 

- Those diverse employees are and will be driving the growth in our company.

(これらの多様な社員たちが、今もこれからも我が社の成長を促すだろう)

 

【全部のせ一丁~】

 

「過去・現在・未来」全部入れちゃうこともあります。

 

- He was, is and will always be everything for me.

(彼は過去も今も、そしてこれからもずっと、私にとって全てです)

 

- This community was, is and will be a cornerstone for people who need help.

(過去も今もこれからも、このコミュニティは助けを必要としている人にとっての要である)

 

 動画はこちら↓

 

こちらもおススメ

unagisensei.hatenablog.com

unagisensei.hatenablog.com

「I will be late for 5 minutes」はなぜ間違い?

f:id:unagisensei:20210528122139j:plain

 

あ~遅刻しちゃう~

とりあえずメールだけ打っておこう。

「I will be late for 5 minutes」ポチポチ..

待って!それは間違いです!

 

【late for】の後ろは「~に」

 

「be late for」の後ろには、通常予定されている事や行くべき場所が来ます。

 

- I will be late for school.

(学校に遅刻しちゃう)

 

- You cannot be late for this meeting. Be on time.

(この会議に遅刻はできないぞ。時間通りにな)

 

「~分遅れる」という時は

 

「~分遅れる、~時間送れる」と言いたい時は、

be 時間 late」もしくは「be late by 時間」と表現します。

 

✖ He will be late for half an hour.

〇 He will be half an hour late.

〇 He will be late by half an hour.

(彼は30分遅れます)

 

「for」は期間を表す

 

「for」の後ろに時間が来るときは、

通常「その時間の間ずっと、~にわたって」という意味を表します。

例)

- I sleep for 6 hours.

(私は6時間眠る)

 

つまり、

- The train will be late for an hour.

とすると、「1時間の間、電車が遅れます」であって

「電車が1時間遅れます」ではない、ということになります。

 

ですので「I will be late for 5 minutes」とは表現できないわけです。

 

なぜ【by】はOK?

 

- He will be late by half an hour.

(彼は30分遅れます)

 

この「by」を不思議に感じる方もいるかと思います。

ここでの「by」は程度の””を表し、

・(いくら)だけ

・(どの程度)まで

・(どんな)に

といったことを表す時に使われるものです。

 

例文)

 

- The revenue has increased by 20 %.

(収益は20%増加した)

 

- We missed the train by a minute.

(私たちは1分でその電車に乗り遅れた)

 

- I was overcharged by 300 yen.

(300円も余分に請求された)

 

 動画はこちら↓

 

こちらもおススメ

unagisensei.hatenablog.com

 

unagisensei.hatenablog.com

イデオム【bite someone's head off】の意味は?キレすぎ!

f:id:unagisensei:20210528122431j:plain

 

英語で「He bit my head off」なんて

イデオムを聞いたことがあるかも知れません。

 

「bite someone's head off」=「頭を嚙みちぎる?」って

一体どんな意味で使うのでしょう。

 

【bite someone's head off】の意味

 

bite someone's head off」はカジュアルな表現で、

怒鳴り散らす、当たりつける、頭ごなしに叱る

と言った意味になり、

通常、こちらには非がないのに怒られたり、

急にキレられたり、

何の理由もなく過剰に強く言われたりすることを指します。

 

【bit someone's head off】例文

 

A : Hey, are you busy now? 

B : Are you blind? Look what I'm doing. There are so many things to do!

A : I was just asking if you were busy. Don't bite my head off like that.

 

A:ねぇ、今忙しい?

B:ふざけてるの?私が何してるか見てよ。やることが山積みよ。

A:ただ忙しいか聞いただけじゃない。そんなにキレないでよ。

 

- He asked my opinion, so I told him. Then he bit my head off for being honest with him.

(彼から意見を求められたから、話したの。そしたら、正直に言ったことをめちゃくちゃに怒られた)

 

- She is in such a bad mood now. If she found out that you haven't finished your homework yet, she's gonna bite your head off.

(彼女は今すごく機嫌が悪い。もし宿題やっていないことがばれたら、ブチギレるね)

 

 

【snap someone's head off】

 

snap someone's head off」ともいうことができます。

 

A : How was your date last night?

B : Well, I was only 5 minutes late, then she snapped my head off.

 

A:昨日のデートどうだったの?

B:ああ、たった5分遅れただけなのに、どえらい怒られたよ。

 

 動画はこちら↓

 

こちらもおススメ

unagisensei.hatenablog.com

unagisensei.hatenablog.com

TOEIC頻出!接続詞【suppose / supposing】もし~なら

f:id:unagisensei:20210528122857j:plain

 

TOEICなどの試験で頻出の

「suppose / supposing」の接続詞としての使い方を

おさらいしましょう。

 

【suppose / supposing】の意味・用法

 

suppose / supposing」はどちらも同じ意味・用法で、通常文頭に用いられます。

 

意味その①:仮定

 

「もし~なら」「もし~だと仮定して」という意味で、

相手に「もし~という状況になったら、どうなる・どうするか」という想像を促す表現になります。

 

Suppose you meet that girl again, will you ask her out?

→ Imagen if you meet that girl again, will you ask her out?

(もしその女の子にまた会ったとして、デートに誘うのか?)

 

意味その②:提案

 

「suppose / supposing」を用いて、「~したらどうかな?」という提案を表すこともあります。

 

- You look really busy. Suppose we cancel the lunch meeting today?

(めちゃくちゃ忙しそうだね。今日のランチミーティングはキャンセルしようか?)

 

意味その③:可能性

 

想像上の話ではなく、実際に起こりうる(しかし確かではない)可能性について話すときにも用いられます。意味合いは、後述の「what if」と同じになります。

 

- Suppose we asked him to join our firm? Do you think he'd do it?

(彼にうちの会社に来るよう聞いたとしたら?彼は来ると思う?)

 

- Supposing I quit my job and became a farmer. I`d love that.

(仕事辞めて農家になるとしたらどう?絶対いいよね)

 

【suppose / supposing】の品詞

 

①の仮定の意味で使われるとき、「suppose / supposing」は接続詞として扱われます。

これらは分詞構文由来の接続詞と言われ、

元々は分詞構文で使われていたものが、よく使われるために

そのまま接続詞として辞書に登録されるようになったものです。

 

- Supposing (that) you pass this exam, what will you do?

If you suppose (that) you pass this exam, what will you do?

(もしこの試験に受かったら、何がしたい?)

 

接続詞(if)と主語(you)を分詞を用いることで省略するのが分詞構文ですので、

上の文では(if)と(you)が省略され、supposeが現在分詞になっています。

 

しかし、原形の「suppose」とing形の「supposing」のどちらも

接続詞として用いることができます。

原形の「suppose」は分詞構文のルールには当てはまりませんが、

これはもう慣用的なものですので、覚えてしまうしかありません。

 

 

なぜ【supposed】は使われない?

 

似たような接続詞に、「provided」(もし~なら)や「given」(~と仮定して)などがありますが、

これらは過去分詞が接続詞として用いられるものです。

 

では、なぜ接続詞で「Supposed」とはならないのでしょうか?

 

「suppose」は「~だと思う、~だと推測する」という他動詞ですが、

受動態「be supposed (to do something)」で使われるときは

「~しなければならない、~することになっている」という義務を表します。

 

つまり「もし~なら」という意味ではなくなってしまうのです。

 

仮定の意味を持たない通常の分詞構文であれば、

be動詞が省略された形の「supposed」を使うこともあります。(接続詞ではありません)

 

- Supposed to stay home, I read a lot of books.

Being supposed to stay home, I read a lot of books.

Since I was supposed to stay home, I read a lot of books.

(家にいなければならなかったので、沢山の本を読んだ)

 

【what if】に置き換え可

 

「suppose / supposing」は、「what if」に置き換えることが可能です。

しかし、その場合は接続詞にはなりませんので、文は分ける必要があります。

 

- Supposing I lost my job, how could I feed my kids?

- What if I lost my job? How could I feed my kids then?

(もし仕事を失ったとしたら、どうやって子供たちを養うの?)

 
動画はこちら↓
その①

その②

 
こちらもおススメ

【Japanese】と【the Japanese】の違いと単複

f:id:unagisensei:20210521142717j:plain

 

- Japanese is difficult.

- The Japanese are difficult.

 

この2つの文、何が違うのでしょうか?

 

上は「日本語は難しい」

下は「日本人は気難しい」

という意味になります。

 

【国名形容詞】が意味するもの

 

国名から派生した国名形容詞は、

多くの場合、そのままの形でその国の言語を表し、

また、「the 国名形容詞」で国民の総称を表します。

 

 

【その国の言語】を表すとき

 

国名から派生した形容詞は多くの場合が

そのままの形でその国の言語を表します。

 

その場合は、不可算名詞となり冠詞はつけません。

 

✖ The Japanese is difficult.

〇 Japanese is difficult.

(日本語は難しい)

 

- Can you speak Russian?

(ロシア語が話せますか?)

 

 

【国民の総称】を表すとき

 

定冠詞「the」を国名形容詞に付けると、

その国民の総称を表し、複数扱いになります。

 

✖ The Japanese is polite people.

〇 The Japanese are polite people.

(日本人は礼儀正しい)

 

下のように言い換えることも出来ます。

- Japanese people are polite.

 

単複同形でないときは、theの後ろは複数形になります。

 

- The Americans are friendly people.

アメリカ人はフレンドリーだ)

 

 

単数形と複数形が同じ形の国名形容詞

 

「Japanese」のように、単数形と複数形が同じ形容詞は他にもあります。

 

- Chinese (China)

- Portuguese (Portugal)

- Swiss (Switzerland) *ちなみにスイス語という言語はない

- Vietnamese (Vietnam)

 

 

大多数は単数形と複数形が異なります。

 

- a Canadian / Canadians

- a German / Germans

- an Italian / Italians

- an Indian / Indians

 

変わった形の国名形容詞

 

Denmark (デンマーク) 

- Danish(デンマーク語)

- a Dane/ Danes(デンマーク人)

 

Spain (スペイン)

- Spanish(スペイン語

- a Spaniard/ Spaniards(スペイン人)

 

The Netherlands(オランダ)

- Dutch(オランダ語

- a Dutchman/ Dutchmen(オランダ人)

 

Thailand (タイ)

- Thai(タイ語

- a Thai/ Thais(タイ人)

 

 動画はこちら↓

 

気に入って頂けたら、是非★とフォローよろしくお願いします。

 

こちらもおススメ

unagisensei.hatenablog.com

unagisensei.hatenablog.com