うなぎ先生の英文法の復習

うなぎ先生の英文法の復習

TOEICや英検に!英文法やイデオムをおさらい^^

英文法

「maybe」と「probably」の違いは?「たぶん」から「絶対」まで、推定・確信の度合いを表す副詞を順番に

英語の「certainly」と「surely」の違いなど、確信の度合いを表す副詞について、その確信度順に説明します。definitely / undoubtedly / certainly / surely / perhaps / possibly など。その違いやニュアンス、注意点を、例文で確認しましょう。

「I found her to be a changed person」目的語を説明するto不定詞とは

英語「to不定詞」の目的格補語の用法とは?思考系動詞「think / find / consider」などと一緒に使われるto不定詞の用法についておさらいしましょう。省略可能な「to be」がある場合とない場合で、ニュアンスはどう違う?

英語で「心底どうでもいい」は?【I couldn't care less】

「マジであんたに興味ない」ってどういうの~?それは「I couldn't care less about you」こんな世の中なので「I couldn't care less」を例文で覚えましょう。「I could care less」も同義なので要注意!「I couldn't agree more / less」もついでにおさらい…

上級文法!【what】の関係形容詞用法「~するだけの、~全部」

「what」の関係形容詞用法っていったい何?普段あまり使わないのに、試験で狙われる!受験や英検で要注意の用法。「what」で「~のすべて、~全部」という意味になる。「whatever」との違いは?関係形容詞、複合関係形容詞をおさらいしましょう。

「He didn't mention about his job」はなぜ間違い?「about」つける動詞、つけない動詞

英作文などでよくある間違い!”何にでも「about」つけてしまう問題”を解決しましょう。他動詞に「about」は不要!- discuss - consider - experience - aware などは要注意。では逆に「about」を付ける動詞は何?「something / anything」を使う方法も。例文…

TOEICで要注意!助動詞【would】で表す「昔はよく~したもんじゃ」を忘れてない?

助動詞「would」で過去の習慣を表す!「would」で一番忘れがちな使い方「昔はよく~していた」。分からないと読解を間違えてしまうよ!状態動詞には使えないという点に注意。「used to」を否定・疑問形で使う場合の注意点も。

単数名詞につける【some】とは?「いくつか」という意味じゃない!

非常によく使う単語でもある「some」は「いくつか」と覚えていませんか?「some」を可算名詞の単数形と複数形に付ける時で、意味が変わります!「for some reason」と「for some reasons」、「some other country」と「some other countries」でどう違うので…

前置詞「about」の意外と知られていない意味「あちこちに」

英語「about」の「~について」以外の意味って?意外と知られていない「あちこちに」という意味の前置詞・副詞の使い方を、例文で確認しましょう。これで長文読解も間違えない!

間違い多発!接続副詞は文をつなげない?however や therefore の使い方に注意

ややこしくて間違いやすい英語の接続副詞とカンマの使い方!独立した文は接続できない?いつセミコロンを使う?カンマをつけない時は「限定用法」?数あるルールを例文で確認しましょう!moreover その他接続副詞一覧も。

「今まさに理解している」は「I'm understanding」じゃない。ではなんと言う?

英語で「今まさに理解している途中だ」「分かり始めている」って言いたい時、なんて言う?「I'm understanding」はNG。「beginning to understand」や「realize」、形容詞の「understanding」も例文で意味と使い方を確認しましょう。

TOEIC頻出!文頭にくる「Having been」は一体何?分詞構文の完了形「Having 過去分詞」

文頭が「Having been」から始まって、これ何だっけ?と思った方。分詞構文の完了形をおさらいしましょう。分詞の導く句が、主節の時よりも前の時を表す時は、完了形の分詞「having 過去分詞」。分詞構文でbe動詞が完了形になる時、「Having been」。受動態の…

長文読解頻出!「I was and am」「you are and have been」の意味って?

「今もこれからも」と表現したい時にも使える!英語では非常によく使う表現「We are and will always be~」。現在と過去、現在と未来などそれぞれ例文で確認しましょう。過去・現在・未来全部いっぺんに表すこともできる「was, is and will be」も。

「I will be late for 5 minutes」はなぜ間違い?

「~分遅れます」と言いたい時、なぜ「I will be late for 時間」が間違いなのか。通常「for」の後ろは「通常予定されている事や行くべき場所」。「~分遅れる」と言いたい時は、「be 時間 late」もしくは「be late by 時間」と表現します。前置詞 for と by…

TOEIC頻出!接続詞【suppose / supposing】もし~なら

「suppose / supposing」が接続詞?「もし~という状況になったら」という想像を促すこの表現、実は仮定以外の意味もある。どうして「Provied/Given」と違って「Supposed」はないの?試験頻出の接続詞を例文で確認しましょう。

【Japanese】と【the Japanese】の違いと単複

「国名形容詞」の意味と使い方は?「Japanese」は単数形と複数形が同じ国名形容詞の代表格。定冠詞「the」がつけば「国民の総称」、無冠詞であれば「その国の言語」を表します。その他の国名形容詞も紹介!例文で確認しましょう。

間違えやすい!英語【normally】の意味と位置

副詞「normally」は意味によって置く位置が違う!特に「正常に・自然に」という意味で使うときは動詞の後ろにくるので注意が必要です。それぞれの意味と位置を例文で確認しましょう。

英作文でも間違い多発!副詞【usually】を置く場所

英語で「usually」を置く位置はどこ?頻度を表す副詞である「usually」は、実はルールがいっぱい!安全なのは文頭?例文で1つずつ確認しましょう。「usually not」「not usually」の違いも。

各種試験で狙われる「but」の疑似関係代名詞

疑似関係代名詞の「but」の使い方とは?元々は接続詞のbutが関係代名詞のように使われ、先行詞は必ず否定語、意味は二重否定「~でない~はない」。とっても紛らわしいこの表現、例文で確認しましょう。

【had better do】「~したほうが良い」の原形不定詞に注意【had best do】も

「had better do」表現で間違いやすい注意点!「had better」は脅し?過去形だけど現在・未来を表す。後ろはto不定詞でなく原形不定詞。会話では「 'd better do / better do」に省略も可。「had best do」も併せて、注意点を例文で確認しましょう。

英語で「聞く」は「listen」「hear」ではない!

英語で「聞く」は?間違えやすい「ask」の使い方、「listen」「hear」との意味の違いを例文で確認しましょう。

【than is needed】って何?thanの後ろの主語がない「疑似関係代名詞」

「more time than is needed」に違和感はありませんか?通常のthanの省略とは違う「疑似関係代名詞」の使い方! 慣用句では「than necessary」や「than needed」とも表現。例文で確認しましょう。

「なんでまだやってないのよ!」と言いたい時に【It's time you did it!】過去仮定法

「it is time + 過去仮定法」で表現する「もう~する時間でしょ!」ポイントは現在のことなのに動詞が過去形になるということ。「to不定詞」への言い換えも。例文で確認しましょう。

前置詞【by】と【until】を間違えない方法

英語で「~まで」を表す前置詞「by」と「until」の使い分けとよくある間違い!「have until ~」の意味は?後ろに節をとる時は?否定文ではどうなる?例文で確認しましょう。

【自動詞】現在分詞と過去分詞の形容詞的用法、分詞形容詞

分詞の形容詞的用法とは?分詞で名詞を修飾することを形容詞的用法といいますが、自動詞を用いて名詞を修飾する時は「過去分詞=完了」「現在分詞=進行形」を表す!さらに分詞形容詞との違いも。使い方を例文で確認しましょう。

【than】の後ろの主語・述語省略【時間軸上の比較】

「than」を使った比較で、主語と述語両方が省略されるときはどんな時?現在と過去、現在と未来など時間軸上の比較では主語・述語が省略可能!ポイントは「時を表す語句」があることです。例文で確認しましょう。

【could not have 過去分詞】「~できなかった」じゃないよ!

英語で「could not have pp」の意味とは?「~できなかった」じゃない!「have not been able to」との違いは?【could not have 過去分詞】の使い方は仮定法過去完了と過去の推量の2つ!例文で確認しましょう。

【sit in】前置詞はどっち?【sit on】

前置詞の「in」「on」「at」の使い分け!英語で「座る」と言う時、どの前置詞を使いますか?椅子によっても前置詞が違う!飛行機の座席に座る時は何?レストランでは?例文で確認しましょう!

【too to構文/tough構文】の注意点!

英語「too to構文」で頻発する間違いとは?それは目的語の省略です!同じく「tough構文」でも省略される目的語。英会話でもテストでも頻出の表現を、例文で確かめましょう。

「when I went yesterday」はなぜ間違い?

「go」の後に前置詞を取るのはどんな時?「go」の後ろに何もない時は何者?実は複雑な「go」という単語。間違い頻発な部分を、例文と詳しい説明で確認しましょう。

語順が大事!英文で場所と時間を述べる順番

英文で「場所を表す副詞(句)」と「時を表す副詞(句)」を、どういった順番で置いていますか?1つの文章の中にこの2つが来るときは、一般的に「場所を表す副詞(句)」が前にきます。