うなぎ先生の英文法の復習

うなぎ先生の英文法の復習

TOEICや英検に!英文法やイデオムをおさらい^^

英文法 - 原形不定詞

【had better do】「~したほうが良い」の原形不定詞に注意【had best do】も

「had better do」表現で間違いやすい注意点!「had better」は脅し?過去形だけど現在・未来を表す。後ろはto不定詞でなく原形不定詞。会話では「 'd better do / better do」に省略も可。「had best do」も併せて、注意点を例文で確認しましょう。

間違えやすい【would rather + 節(S+V)】仮定法「誰々に~してほしい」

英語で「むしろ~して欲しい」ってなんて言う?「would rather」の意味と使い方。後ろに原形、過去形、過去完了形が来るのはどんな時?仮定法がポイントです。

【知覚動詞と原形不定詞】I saw him cry!

英語の「知覚動詞」を用いる時は、目的語の後ろに原形不定詞・ing形・過去分詞がくる!例文で違いを確認しましょう。「see、hear、feel、notice」など。

ひっかかりやすい【that節の原形動詞】その2

「It is 形容詞 that ~」の形で使われる「仮定法現在」とは?間違えやすいポイントはthat節の中の動詞が原形になるということ!例文で確認しましょう。

★間違いじゃない★定型文の【原形不定詞】「All you have to do is~」

動詞の原形が来る!間違えやすい 「What you need to do is 原形不定詞」 「All you have to do is 原形不定詞」という表現。例文で確認しましょう。