うなぎ先生の英文法の復習

うなぎ先生の英文法の復習

TOEICや英検に!英文法やイデオムをおさらい^^

【知覚動詞と原形不定詞】I saw him cry!

 

f:id:unagisensei:20210408171843j:plain

【知覚動詞と原形不定詞】I saw him cry

知覚動詞というのは、見る、聞こえる、感じるなどを表す動詞で

see、hear、feel、noticeなどがありますが、

これらの動詞が使われるとき、

知覚動詞+目的語+原形不定

という文が成り立ちます。

 

これも非常に間違えやすいものの1つです。

なぜなら通常の動詞であればto不定を使うために、ここもto不定詞を使ってしまったり、

または過去の出来事だから過去形にしてしまったり、という間違いがあります。

 

【知覚動詞+原形不定詞】の例文

✖ I saw him cried.

✖ I saw him to cry.

〇 I saw him cry.

(彼が泣くのを見た)

 

✖ We have never heard her to speak English.

〇 We have never heard her speak English.

(彼女が英語を話すのを聞いたことがない)

 

【知覚動詞以外の場合】の例文

 

ちなみに通常の動詞であれば、下のようにto不定詞を使います。

 

- I want him to talk.

(彼に話してほしい)

 

- We persuaded her to come.

(私たちは彼女に来てくれるよう説得した)

 

【知覚動詞+ing形/過去分詞の場合】の例文

 

また、知覚動詞の後ろは原形不定詞だけでなく、

ing形、過去分詞も来ます。

 

- I saw him crying.

(彼が泣いているのを見た←彼が泣いている瞬間を見た)

 

- I heard your name called.

(君の名前が呼ばれたのが聞こえたよ)

 

【知覚動詞+O+動詞の使い分け方法】

 

これらは、その意味によって使い分けることができます。


・原形不定詞 → ~するのを~する
・ing形 → ~しているところ(進行形)を~する
・過去分詞 → ~されている(受動態)のを~する

 

動画はこちら↓

 

 

気に入っていただけたら、是非★とフォローよろしくお願いします。

 

 こちらもおススメ

unagisensei.hatenablog.com

 

unagisensei.hatenablog.com