うなぎ先生の英文法の復習

うなぎ先生の英文法の復習

TOEICや英検に!英文法やイデオムをおさらい^^

【not to do】と【to not do】不定詞の否定形と分離不定詞とは

f:id:unagisensei:20210411091551j:plain

 


【not to do】と【to not do】不定詞の否定形と分離不定詞とは

以下の例文を見てみましょう。

 

例文)

1. My decision was not to eat carbohydrates.

2. My decision was to not eat carbohydrates.

 

どちらが正しいでしょうか?

元々は1.が文法上正しいとされていましたが、現在はどちらも使われます。

しかし、意味が若干異なる場合もありますので、注意が必要です。

 

【not to do】to不定詞の否定形

まず、基本的なto不定詞の否定形は、「not + to不定詞」になります。

一般的な否定文との違いを確認しましょう。

 

一般的な否定文

- My mother did not tell me to go study abroad.

(私の母は私に留学しろとは言わなかった)

 

to不定詞の否定

- My mother told me not to go study abroad.

(私の母は私に海外留学するなと言った)

 

こちらも、どこに否定語が来るかによって意味が変わりますね。

 

【to not do】分離不定詞とは

分離不定詞とは、「to」と「動詞の原形」の間になんらかの副詞が入ることを言います。

普段あまり意識しないことが多いかと思いますが、

「not」は否定を表す「副詞」です。

 

したがって、分離不定詞の形で文を作ると、

- The most important thing is to not gather in a large group.

(一番大切なのは、大人数で集まらないということだ)

 

‐ It was difficult to not fall in love with her.

(彼女に恋をしないなんて無理だった)

 

注意が必要なのは、toと動詞の間にnotが入ってきただけなので

notの後ろは「動詞の原形」になるということです。

 

【not to do】と【to not do】意味の違い

1. My decision was not to eat carbohydrates.

2. My decision was to not eat carbohydrates.

 

1.の文は、読み方によっては

「私の決意は、炭水化物を摂らないということだった」の他に

「私の決意は、炭水化物を摂る、ということではなかった」

と読み取ることも可能ということです。これらは意味が若干異なりますね。

 

そのため、「私の決意は、炭水化物を一切摂らないということだった」という意味をより明確にするために、

2.の分離不定詞を使うことができます。

 

その他の例として、

例えば「quickly」という副詞を使って

1. She told me to finish my job quickly.

2. She told me to quickly finish my job.(分離不定詞)

とした場合、

1.は「私に仕事を終えるようにと彼女は手短に言った」という意味に取れなくもないので、

「私が早く仕事を終えるようにと彼女は言った」と表したい時は2.を使うと、そういった誤解を防げます。

 

動画はこちら↓

 

 

気に入っていただけたら、是非★とフォローよろしくお願いします。