うなぎ先生の英文法の復習

うなぎ先生の英文法の復習

TOEICや英検に!英文法やイデオムをおさらい^^

書類の保管は「preserve」じゃない!【retain】【retention】

f:id:unagisensei:20210413184902j:plain

 

「保管する」を英語で


ビジネスではよく、

「書類の保管」

「データの保管」

などの表現を使うかと思いますが、この時の「保管」は何を使っていますか?

 

「keep」はよく使われる表現の1つですが、

よりフォーマルでビジネスに適しているのが「retain」という単語です。

 

 

【retain】の意味

 

「retain」と言う動詞は「保つ、維持する」という意味の単語ですが、
同時に「書類やデータなどを保管する」という意味でもよく使われます。

 

- All the information will be retained in the computer.

(全ての情報はパソコンの中に保存されます)

 

- These documents must be retained for 2 years.

(これらの書類は2年保管しなければならない)

 

【retention】の意味 

 

「retain」の名詞が「retention」となります。(スペルに注意)

 

例文)

- The retention of the contract documents is obliged.

(契約書類の保管が義務付けられている)

 

- The retention period for the personal data is not specified.

(個人情報の保存期間については明記されていない)

 

【preserve】の意味

 

「preserve」という単語は「何かがダメにならないように良い状態で保存する」という意味で、


一般的には
- preserve the environment(環境を保護する、守る)
- preserve food(食品を腐らないように保存する)
などで用いられます。

 

例えば、古文書を発見して、それを良い状態で保存する、というときは

「preserve the documents」と言えますが、

そうでなく、ただ単に保管する、という意味で使うときは

「preserve the documents」と言っては不自然で、

通常「keep」もしくは「retain」が用いられます。

 

【keep】の意味

 

口語や日常的な場面では「keep」がより使われるという点にも留意しておきましょう。

 

例文)

- You should keep all the receipts.

(レシートを全部取っておいた方がいいよ)

 

- I can't remember where I kept my application.

(申請書をどこに保管していたか忘れちゃった)

 

動画はこちら↓

 

 

気に入っていただけたら、是非★とフォローよろしくお願いします。

 

 こちらもおススメ

unagisensei.hatenablog.com

 

unagisensei.hatenablog.com