うなぎ先生の英文法の復習

うなぎ先生の英文法の復習

TOEICや英検に!英文法やイデオムをおさらい^^

【too to構文/tough構文】の注意点!

f:id:unagisensei:20210422191301j:plain

 


【too ... to 構文/tough構文】の注意点

 

「too ~ to 構文」

 

「too ~ to 構文」とは、「~すぎて~できない」という表現で、

「He was too tired to cook dinner.」(彼は疲れすぎていて夕食も作れなかった)

などと使われますが、

この構文での注意点は

主節の主語と同じものをさす不定詞の目的語は削除する」というルールです。

これはどういうことでしょうか?

 

例文)

✖ Ted is too dangerous to play with him.

○ Ted is too dangerous to play with.

○ Ted is so dangerous that you shouldn't play with him.

(テッドは一緒に遊ぶには危険すぎる)

 

後ろにくる「play with him」の目的語「him」は主語「Ted」を指しているので、

to..too構文の場合はこれを削除しなければなりません。

一方、so..that構文に置き換える場合は、「him」を省略することはできません。

 

その他の例文)

 

✖ My girlfriend is too eccentric to understand her.

○ My girlfriend is too eccentric to understand.

(私の彼女は普通じゃないので理解できない)

 

✖ Those cars are too expensive to buy them.

○ Those cars are too expensive to buy.

(それらの車は高すぎて買えない)

 

どれも後ろに目的語をとる”他動詞”が来ていますが、その目的語が主語と同じなので、省略されます。

 

しかし、文中に「for 人」が入る場合は、必ずしも後ろの目的語を省かないといけないわけではなく、省略しない場合もあるようです。

例文)

○ That program is too boring for children to watch it.

○ That program is too boring for children to watch.

 

「for 人」が”ない”場合は、必ず省略するというのが原則となっています。 

 

「tough構文」

 

「tough構文」は「S + V + C(通常形容詞)+ to do」という構文です。

この構文でも、「too ~ to 構文」と同様、

主節の主語と同じものをさす不定詞の目的語は削除」します。

 

例えば、

✖ This equation is difficult to understand it.

○ This equation is difficult to understand.

 (→It is difficult to understand this equation.)

(この方程式は理解するのが難しい)

 

このように、もともとは動詞の目的語である名詞が主語になっているのが「tough」構文です。

主語と目的語が同じ(後ろの目的語を前に持ってきている)ので、後ろは削除されます。

この「tough構文」で使われる形容詞は、通常

「難易度」「安全度」「快適度」などを表すものが多くなります。

 

 その他の例文)

 

- This word is difficult to pronounce.

(この単語は発音するのが難しい)

 

- A house with a dog is risky to break in.

(犬のいる家は侵入するのが危険だ)

 

 - This sofa is very comfortable to sit on.

(このソファーは座り心地がとても良い)

 

 

動画はこちら↓

 

 

 気に入っていただけたら、是非★とフォローよろしくお願いします。

 

 

unagisensei.hatenablog.com

 

unagisensei.hatenablog.com