うなぎ先生の英文法の復習

うなぎ先生の英文法の復習

TOEICや英検に!英文法やイデオムをおさらい^^

【悩む】って英語でなんて言う?【worry以外】

f:id:unagisensei:20210428134306j:plain


「彼女の誕生日プレゼントで悩んでる」

「転勤のことで悩んでる」

などと言いたい時、英語で何と言いますか?

 

「悩む」を辞書で引くと「worry」が出てきますが、

「worry」は一般的には何か問題や悪いことについて不安な気持ちを表すものなので、

上の例文では「worry」を使うとなんか違うな~と思いますよね。

では何を使えばよいでしょう。

 

【agonize】(決定・選択・判断などに)悩む、苦悶する

 

agonize(米)」「agonise(英)」は、

「何かを決めるのに慎重に心を砕いて考える」というようなニュアンスで

まさに

「彼女の誕生日プレゼントで悩んでる」→「何を買おうか必死に考えている」

「転勤のことで悩んでる」→「転勤するかしないかという判断を慎重に考えている」

という場合にピッタリかと思います。

「~について」と言いたい時は、後ろに「over」や「about」といった前置詞を置きます。

 

例文)

 

- I've been agonizing about what I should buy for my girlfriend's birthday.

(彼女の誕生日プレゼントに何を買うかで悩んでる)

 

-  He has been agonizing over the transfer to the head office.

(彼は本社への転勤のことで悩んでいる)

 

- I had agonized for months over whether to buy a  Starbucks' tumbler. 

(スタバのタンブラーを買うかどうかで数か月も悩んだ)

 

 

【agonizing】(形容詞)ひどく苦しい、苦渋の

 

ちなみに、「agonize」から派生した形容詞「agonizing」は

・痛みに対して、ひどく苦しい、ひどく痛い

・決断などに対して、苦渋の、心を痛める、苦痛を伴う

などの意味で使われます。

 

例文)

 

- The pain he suffered was agonizing.

(彼の負った痛みはひどく苦しいものだった)

 

- It was an agonizing choice to make.

(それは苦渋の選択だった)

 

- That was the most agonizing day of my life.

(それが私の人生で一番苦しい1日だった)

 

つまり、肉体的・精神的どちらの苦痛にも使えるということですね。

 

 動画はこちら↓

 

 

気に入っていただけたら、是非★とフォローよろしくお願いします。

 

こちらもおススメ

unagisensei.hatenablog.com

 

unagisensei.hatenablog.com