うなぎ先生の英文法の復習

うなぎ先生の英文法の復習

TOEICや英検に!英文法やイデオムをおさらい^^

「なんでまだやってないのよ!」と言いたい時に【It's time you did it!】過去仮定法

f:id:unagisensei:20210509094203j:plain

 

家族に対して

「ちょっとまだ✖✖やってないの~!?」なんてフレーズ、よく使いますよね。

 

これを「it is time + 過去仮定法」で表現することができます。

 

「it is time + 過去仮定法」

 

意味としては「普通だったらもう~しているはずなのに、まだしていないね」というニュアンスになります。

「なんでまだやってないの?」という批判や不満を表す時にもよく使われます。

ポイントは、「過去仮定法」ですので、「現在の事実に反する仮定・想像」を表します。

過去形を使いますが、過去のことではなく現在のことを表している点に注意が必要です。

 

例文)

 

- It's time you went home.

(もう帰る時間だよ)←(いつもならもう帰ってる時間だよ)

 

- Is he still sleeping? It's time he got up!

(彼まだ寝てるの?もう起きてなきゃいけない時間だよ)

 

- You're 5 years old. It's time you stopped behaving like a baby.

(もう5歳なんだから、赤ちゃんみたいなまねはやめて)

 

 

「time」の前に「about / high」で強調

 

「about / high」をおくことで、より強く表現することができます。

 

- It's about time you finished your homework.

(もう宿題を終わってるはずの時間でしょ?)

 

- It's high time we moved to another place.

(いい加減他の場所に移る潮時だよ)

 

 

時制の一致は起こらない

 

仮定法の文には時制の一致が起こらないというルールがありますので、

主文が「it was time」と過去形になっても、

後ろに続く文はそのまま「過去形」となります。過去完了などにする必要はありません。

 

- It was time we made the decision.

(もう結論を出すべき頃合いだった)

 

- It was time he was allowed to go out by himself.

(一人で出掛けることを許してもいい頃合いだった)

 

to不定詞に言い換えると「it is time for A to ~」

 

下記のように不定詞を使って言い換えることも出来ます。

 

- It's time we went home.

- It's time for us to go home.

 

但し、上の表現のほうが「もう帰るべき時間を過ぎている」というニュアンスなのに対し、

下はただ単に「もう帰る時間だ」というニュアンスになります。

 

 

 【it is time ~構文】のまとめ

  1. 「it is time + 過去仮定法」は「~してるはずの時間だよ」
  2. 後ろの節の動詞は過去形だが、現在のことを表す
  3. 時制の一致は起きない
  4. to不定詞に置き換えた時より、「遅すぎる」というニュアンスがでる

 

 動画はこちら↓

気に入って頂けたら、是非★とフォローよろしくお願いします。

 

こちらもおススメ

unagisensei.hatenablog.com

unagisensei.hatenablog.com