うなぎ先生の英文法の復習

うなぎ先生の英文法の復習

TOEICや英検に!英文法やイデオムをおさらい^^

英語で「聞く」は「listen」「hear」ではない!

f:id:unagisensei:20210518144237j:plain


「聞く」を英語にすると、「listen」や「hear」と言った単語を思い浮かべる方が多くいらっしゃるかと思います。

 

しかし、次の英文を見てみましょう。

 

✖ If you have any questions, you can listen to Emma.

✖ If you have any questions, you can hear Emma.

〇 If you have any questions, you can ask Emma.

(何か質問があれば、エマに聞いてね)

 

質問やアドバイスを聞く、~していいか聞く、というようなときは

ask」を使います。「listen」「hear」は使いません。

 

例文)

 

✖ You can listen to/hear me anything!

〇 You can ask me anything!

(私に何でも聞いてね!)

 

✖ You should have listened/heard him if you could leave early.

〇 You should have asked him if you could leave early.

(彼に早退してもいいか聞くべきだった)


✖ Can I listen to/hear your advice on this matter?

〇 Can I ask your advice on this matter?

(この件についてアドバイスを聞きたいのですが)

 

「listen to your advice」というと「あなたのアドバイスに従う、聞き入れる」と言った意味になります。

つまり「Can I listen to your advice on this matter?」というと

あなたのアドバイスは従うに値するものですか?」のようなニュアンスにも取れます。

 

 また、「hear」は「(自然に)聞こえる」という意味の言葉なので、
「Can I hear your advice?」とは基本言われません。
講演やスピーチなど、向こうから一方的に話されることには「hear」を使えます。

 

ただし、

- I'd like to hear your advice on this matter.

と肯定文で使われることはあります。

 ニュアンスとしては「あなたが既に持っているであろうアドバイスを聞きたい」 となります。

 

 動画はこちら↓

 

気に入って頂けたら、是非★とフォローよろしくお願いします。

 

こちらもおススメ

unagisensei.hatenablog.com

unagisensei.hatenablog.com