うなぎ先生の英文法の復習

うなぎ先生の英文法の復習

TOEICや英検に!英文法やイデオムをおさらい^^

各種試験で狙われる「but」の疑似関係代名詞

f:id:unagisensei:20210512114544j:plain

 

受験英語や英検など、難易度が上がれば上がるほど

「いやそんな使わないけどね?」というような文法を引っ掛けで出してきますよね。

 

この疑似関係代名詞の「but」もその中の1つかと思います。

高得点を狙う人は、おさらいしておきましょう。

 

【疑似関係代名詞】とは

 

疑似関係代名詞とは、as / than / but など、もともとは接続詞として使われているものが、

関係代名詞のように用いられるものです。

 

unagisensei.hatenablog.com

【疑似関係代名詞のbut】とは

 

疑似関係代名詞のbutは、but自体が否定の意味を持ち、

その先行詞が否定の意味を持つ語(nobody, nothing, nowhereなど)や、

否定語(no, few, little, hardly, barelyなど)を含む場合に限り使われ、

「二重否定」として「~でない~はない」という意味になります。

主節は「There is 構文」が多くなります。

 

例文)

 

- There is no one but wishes to be happy.

 → There is no one who doesn't wish to be happy.

(幸せになりたいと願わない人はいない)

 

- There is nothing but has an end.

 → There is nothing that doesn't have an end.

(終わりのないものなんてない)

 

【通常の関係代名詞との違い】

 

通常の関係代名詞を使った場合は意味が真逆になるので、注意しましょう。

 

- There is no one but wishes to be happy.

(幸せになりたいと願わない人はいない)

- There is no one who wishes to be happy.

 (幸せになりたいと願う人はいない)

 

- There is nothing but has an end.

(終わりのないものなんてない)

- There is nothing that has an end.

(終わりのあるものなんてない)

 

まとめ

  1. 元々は接続詞のbutが関係代名詞のように使われる
  2. 先行詞は必ず否定語
  3. 意味は二重否定「~でない~はない」

 

 

疑似関係代名詞のbutを使った表現は、日常会話で使われることはあまりなく、

文語調で古風な言い方とされています。

 

しかし、試験などで「否定語の後ろにbutが来たけど主語がないぞ」というときは

この構文を思い出すと良いかと思います。

 

動画はこちら↓

 

気に入って頂けたら、是非★とフォローよろしくお願いします。

 

こちらもおススメ

unagisensei.hatenablog.com

 

unagisensei.hatenablog.com