うなぎ先生の英文法の復習

うなぎ先生の英文法の復習

TOEICや英検に!英文法やイデオムをおさらい^^

動詞【stomach】は「耐える、我慢する」

f:id:unagisensei:20210529162823j:plain

 

またまた「stomach」ですが、

これは動詞で使うことができるのをご存じですか?

 

前回の「stomach」は名詞のイデオムでした↓ 

unagisensei.hatenablog.com

 

動詞の「stomach」

 

動詞の「stomach」は「(不快な物・事)を受け入れる、我慢する、耐える」という意味で使われ、

通常は疑問文や否定文で使われます。

特に「cannot stomach something」で「~に耐えられない、我慢できない」

と使われることが多くなります。

 

例文)

 

- I cannot stomach the idea of him being my boss.

(彼が私の上司になるなんて考えただけで耐えられない)

 

- I cannot stomach any scary movies or TV series.

(怖い映画やドラマは受け付けない)

 

- How can you stomach such behavior at work?

(職場でそのような振る舞いは我慢できない)

 

- Some customers will not stomach the extra cost of packing.

(顧客の中には包装に余分な代金を払うのを拒絶する人もいる)

 

- I just can't stomach his existence.

(アイツの存在が生理的に無理)

 

【hard / difficult to stomach】

 

「hard to stomach」「difficult to stomach」とも表現されます。

 

- When those changes came into effect, it was hard to stomach for many people.

(そういった移行が実施された時、多くの人は我慢ならないと感じた)

 

- These conditions on the contract are difficult to stomach.

(この契約の条件は受け入れがたい)

 

 動画はこちら↓

 

こちらもおススメ

unagisensei.hatenablog.com

unagisensei.hatenablog.com