うなぎ先生の英文法の復習

うなぎ先生の英文法の復習

TOEICや英検に!英文法やイデオムをおさらい^^

「maybe」と「probably」の違いは?「たぶん」から「絶対」まで、推定・確信の度合いを表す副詞を順番に

f:id:unagisensei:20210707143118j:plain

 

「多分~だろう」や

「絶対~に違いない」など、

話し手の推量の意図を表す副詞、

沢山ありますよね。

 

だけど、例えば「maybe」と「probably」の違いなど、

その確信度合いのニュアンスの違いが

意外とあるのです。

そこをおさらいしていきましょう。

 

【推定・確信の度合いを表す副詞】

 

話し手が「~だろう」と何かを推定する時に、その確信の度合いを表すのが

これらの副詞です。

以下、確信度合いの高い順に並べます。

(パーセンテージは目安で、話し手によって個人差があります)

 

- definitely(100%)

- undoubtedly (100%)

- certainly (99%)

- surely(90%)

- probably(80%)

- maybe / perhaps(50%)

- possibly(20~50%)

 

【注意点2つ】

 

  • 推定を表す副詞ですから、話し手の”気持ち”を言っているのであって、
    実際の事実性とは関係がありません。

  • ※「確信の度合いを表す副詞」は、基本的には「修飾する語句の前に置く」というルールがあります。
    ですので、否定文の場合は、「~でない、しない」ことを推定するのであれば
    その否定語の前に、副詞を置きます。

例)

- You're surely not her boyfriend.

(あなたはあの子の彼氏じゃないわ)

 

 

【definitely】

 

「definitely」は「絶対」という意味ですから

自分の確信に疑念が一切なく、「自分の中では100%確信している」ということを表します。

 

- You definitely need to take some time off.

(あなたは絶対に少し休みを取った方がいいわ)

 

- That was definitely not his intention.

(彼が望んだことでは絶対にないよ)

 

 

【undoubtedly】

 

「undoubtedly」は「疑いの余地なく、疑いようもなく、明らかに」といった意味で、

「definitely」と同じく、完全に確信している時に用います。

ただし、「definitely」「certainly」よりも、ややフォーマルな響きになります。

 

 - This is undoubtedly one of the best books that I have ever read.

(これは今まで読んだ本の中で間違いなく最高のものだ)

 

- He was undoubtedly innocent when you looked at the evidence.

(その証拠を見れば彼は間違いなく無罪だった)

 

 

【certainly】

 

「certainly」は「確実に、必ず」といった意味ですが、

強い信念の感じられる副詞になります。

「definitely」「certainly」よりは、ほんの少し確信度が低くなります。

しかし「surely」よりは強く、やや客観性が感じられるニュアンスになります。

 

 - Your plan is certainly better than theirs.

(あなたたちのプランのほうが、彼らのより確実にいいわ)

 

- These books are certainly not mine.

(これらの本は私のものでないのは確かです)

 

 

【surely】

 

「surely」は「きっと、確かに」という意味で、「certainly」ほどの強さはなく、

「私は確かに~だと信じている」という主観的なニュアンスになります。

 

 - What she said was surely right.

(彼女の言ったことは、確かに正しい)

 

- I believe our society is getting better slowly but surely.

(社会はゆっくりと、しかし確実に良くなってきていると思う)

 

【probably】

 

「probably」は「たぶん」と訳されますが、ある程度確信のある「たぶん」になります。

つまり自分の気持ち的には、そうだろうと思っている、ということです。

 

- She is probably at the office.

(彼女は多分オフィスにいると思うよ)

 

- I'll probably go to the party tonight.

(多分今夜はパーティーに行くと思うよ)

 

 

【maybe / perhaps】

 

「maybe / perhaps」の2つは、確信度合いではほぼ同じで

「たぶん~だけど、確かではないよ」という時に使います。

「maybe」よりも「perhaps」のほうがややフォーマルな響きになり、

書き言葉では「perhaps」のほうが使われる傾向にあります。

 

 - Maybe he was just joking.

(たぶん彼は冗談で言っていたのかも)

 

- She looked quite young, perhaps 14 or 15 years old.

(彼女かなり若く見えたけど。たぶん14か15歳くらい)

 

 

【possibly】

 

「possibly」は「~の可能性がある」という意味ですので、

確信があるわけではなく、ただ単にそういう場合もある、ということを表します。

「ひょっとすると」「もしかしたら」「場合によっては」などのニュアンスになります。

 

- This kind of application will take time, possibly around 3 weeks.

(この手の申請は時間がかかる。場合によっては3週間ほど)

 

- This painting possibly dates back to the 17th century.

(もしかしたらこの絵画は17世紀のものかもしれません)

 

「possibly」は、他の副詞と異なり、「can / could」を伴って

疑問文では「いったいどうして~であろうか」

不定文では「とうてい~ない」という意味を表します。

 

- How could you possibly forget such an important thing!?

(こんな大事なことを忘れるなんてありえない!)

 

- She couldn't possibly pass the exam 'cause she didn't study at all.

(全く勉強しなかった彼女が試験に受かったはずがない)

 

動画はこちら↓

 

こちらもおススメ

unagisensei.hatenablog.com

unagisensei.hatenablog.com