うなぎ先生の英文法の復習

うなぎ先生の英文法の復習

TOEICや英検に!英文法やイデオムをおさらい^^

「That makes two of us」と「same here」「likewise」でもう「me too」は使わない!

f:id:unagisensei:20210707120043j:plain

 

海外ドラマなどで、思ったことはありませんか?

「ネイティブって、me too 使わないな」

 

いえ、「#me too movement」などもありましたし、

全く使わないということではないのですが、

他に色々なバリエーションがあって、「me too」はそこまで頻度が高くない、

という感じなのです。

 

もし「me too」ばかり使ってしまいがち、であれば

他の表現をおさらいして、脱「me too」しましょう!

 

【That makes two of us

 

「同感だ」「右に同じ」と、同じ意見を持っていることを表したり、

「私もそうです」「こっちも同じだ」と、同じような立場や状況にあることを表したりします。

 

A: I am famished!(腹ペコだ)

B: That makes two of us.(同じく)

 

A: I'm tired. I wanna go get a massage.

B: That makes two of us.

(疲れたからマッサージ行きたい~)

(だよね)

 

A: I have some great news today!(すごくいい知らせがあるの!)

B: Well, that makes two of us.(僕もだよ)

 

【same here】

 

「same here」も、誰かが何か言ったことに対して同感したり、

自分も同じ経験をしたりしたことがある時などに

「同感だよ」「私もだよ」を表します。

 

A: I'll never get a pay raise.(私の給料なんて上がらないよ)

B: Same here.(私もだよ)

 

A: I really don't know what my son is thinking.

B: Same here.

(息子が何を考えてるのかさっぱりよ)

(うちも同じよ)

 

【likewise】

 

「likewise」は「同様に」という意味の副詞ですが、

単独で使うと、「私もです」という意味になります。

この意味では口語でのみ使われますが、ややフォーマルなニュアンスになります。

一般的に、挨拶のようなシチュエーションで使われることが多くなります。

 

A: It's nice to meet you.(はじめまして)

B: Likewise, sir.(こちらこそ)

ビジネスなどでは、こちらが使えます。

「you too」よりも大分フォーマルな響きがあります。

 

ちなみに、ここで「me too」と言ってしまう人が多いのですが、

これは間違いなので要注意★

 

A: Nice to meet you.

B: ✖ Me too.

B: 〇 You too.

 

ここは「(Nice to meet) you too」の前が省略されているものと据えて

「You too」と返します。

 

A: I'm looking forward to working with you.

B: Likewise.

(今後どうぞよろしくお願いします)

(こちらこそ)

 

A: Have a lovely day!(良い一日を)

B: Likewise.(そちらも)

「same to you」のかわりに、「likewise」を使うことも出来ます。

 

【me too】の注意点

 

「me too」は、否定文に対しては使うことができません。

否定文に対して「私も~じゃないよ」と言いたい時は

「me neither」「neither do I」を使います。

 

A: I don't like Miso ramen.

B:✖ Me too.

B:〇 Neither do I.

(味噌ラーメンは好きじゃない)

(私も)

 

A: I haven't watched any movies this year.

B: Me neither.

(今年は何も映画を見ていない)

(私もです)

 

動画はこちら↓

 

こちらもおすすめ

unagisensei.hatenablog.com

unagisensei.hatenablog.com