うなぎ先生の英文法の復習

うなぎ先生の英文法の復習

TOEICや英検に!英文法やイデオムをおさらい^^

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

「~しようと思う」で「think」は使わないで!より自然な表現5つ

f:id:unagisensei:20210902130802j:plain

 

「~しようと思います」「~したいと思います」

日本語ではよく使う言い回しですよね。

でも、これを「I think」としてしまうと

不自然になってしまう事が多々あります。

 

より自然な表現をおさらいしましょう。

 

「~しようと思う」の「think」のNGな使い方

 

よく日本人が間違えてしまう「think」の使い方があります。

 

「買い物に行こうと思う」と言いたい時に、

 

✖ I think go shopping.

✖ I think to go shopping.

✖ I think about going shopping.

〇 I think I will go shopping.

〇 I'm thinking about going shopping.

 

上3つは間違いになります。

 

まず、「think」という単語を「~だと思う、考える」という意味の

他動詞で用いる場合は、通常後ろには「節」をとって、

「SがVだと思う」という表現になります。

 

- I think (that) she is right.(彼女は正しいと思う)

- He thinks (that) he can do it.(彼は自分が出来ると思っている)

 

ですので、「しようと思う」の意味の時に

すぐ後ろに動詞を持ってくることは出来ません。

動詞の原形、不定詞、動名詞、どれも直接後ろには置けません。

 

また、自動詞の「think」を「~を考えている、検討している」という意味で用いる時は、

後ろに前置詞の「about」や「of」を伴って「現在進行形で表します。

現在形ですと、「いつも考えている」や「思いをはせる」のようなニュアンスになってしまいます。

 

- I think about going shopping.

(私は買い物に行くことを考える)

 

- I'm thinking about going shopping.

(私は買い物に行こうかと今考えている)

 

「think」を用いる際は、

- I think I will ...

- I'm thinking about/of ...

と表現すると、良いでしょう。

 

「~しようと思う」に「think」が使えない時

 

 これもまた、日本人が間違えやすいところです。

 

例えば、

「今度こそ最善を尽くそうと思っている」

と言いたい時、

- I'm thinking about doing my best this time.

と言ってしまうと、

「今回は最善をつくそうかと検討している」というニュアンスになります。

違いが分かりますでしょうか。

この英文ですと「最善を尽くそう」という意思や願望というものが感じられないのです。

どこか他人事のような感じに聞こえます。

 

つまり、「~しようと思っている」または「~したいと思っている」など

その人の意思や決意、願望などのニュアンスを含むときは、

「think」は使えません。

 

では、どのように表現したらよいでしょうか。

 

「~しようと思う」その① will

 

助動詞の「will」は「意思の助動詞」で、

そうしたいという意思」を表します。

 

名詞の「will」が「意思、意欲、願望」という意味を表すのは、このためなんですね。

 

ですので、

 

- I will study really hard for the next exam.

(次のテストは頑張ろうと思う)

 

- From now on, I will spend my life helping others.

(これからは人を助けながら生きようと思う)

 

 のような文では、単純に未来のことを表すのではなく、

未来において~するぞ!という意志があることを表すのです。

助動詞ですので、後ろは必ず動詞の原形が来ます。

 

「~しようと思う」その② intend

 

「intend」は「~しようと思う」という意味で、計画や目的などを思い描いている、心の中に決めているような状態を指します。

一般的には「intend to」と覚えることが多いと思いますが、

実は「intend」の後ろは、to不定詞、動名詞、that節などもとることができます。

また、日常会話では否定文で使われることが多くなります。

 

- I didn't intend to hurt you.

(君を傷つけようと思ったわけじゃない)

 

- We didn't intend getting married this soon.

(こんなに早く結婚しようとは思っていなかった)

 

- Our president intends that this product will be launched next year.

(社長はこの製品を来年には発表しようと思っている)

 

どれも「think」に置き換えることはできません。

 

「~しようと思う」その③ decide

 

「decide」は「決める」という意味の単語ですが、日本語の「~しようと思う」や

「~しようと思った」と表現する時に、これを使うとしっくりくる場合が多々あります。

 

例えば

「雑誌で写真を見て、その場所を訪れようと思った」と言いたい時は、

✖ I thought about visiting the place when I saw its picture in a magazine.

〇 I decided to visit the place when I saw its picture in a magazine.

 

上の文は文法的に間違いではないのですが、意味合いとしては「実際には行かなかった」「今現在でまだ行っていない」といったニュアンスになります。

ですので、実際に行ったという話をしているのであれば、ここは「decide」を使うと自然に表現できます。

 

 

同じく、「暇だったので渋谷に行こうと思って、電車に乗った」なら

- We've got nothing to do, so we decided to go to Shibuya and got on a train.

となります。

 

「decide」は「決める」という意味なので、

今現在まだどうするか決めかねている状況では使えません。

過去のことを話すときなど、「そう思って、すでにそう行動した」ときを表す時には

「decide」を使うと良いかと思います。

 

「~しようと思う」その④ determine

 

 「determine」は「決意する、決心する」などの意味で、より強い意味の「~しようと思う」を表現したい時に使えます。

 

この意味で使うときは、後ろにto不定詞を伴って 「determine to do」となります。

 

- We determined to make more profit this year.

(今年は必ずより多くの利益をあげようと思っております)

 

- He determined to become an actor.

(彼は必ず俳優になってやろうと思っている)

 

ちなみに、分詞形容詞の「determined」を使って「be determined to」も同じ意味でよく使われます。

 

- I am determined to win this game.

(この試合は必ず勝つってみせるわ)

 

- She was determined to succeed in her career.

(彼女は自分のキャリアで成功しようと強く思っていた)

 

「~しようと思う」その⑤ toy with the idea

 

もっと曖昧な感じで、「~しようかどうしようか考えている」ような時は

「toy with the idea」というフレーズが使えます。

 

- I was toying with the idea of going shopping this afternoon.

(午後に買い物に行こうかどうしようか考えてたの)

 

このフレーズについてはこちらでおさらい↓

unagisensei.hatenablog.com

 

それでは、今回はここまで^^

 

こちらもおススメ

unagisensei.hatenablog.com

unagisensei.hatenablog.com